お食事処 郷路館(ごうろかん)

ご利用案内

郷路館内

丸太づくりのお食事処

 木のぬくもり川のせせらぎを感じながら、荒川源流大滝自慢の「手打ちそば」に加え地元産の「中津いも」「なめこ」「しゃくし菜」など、他では味わえない素朴な田舎料理を味わえるお店です。秩父キュウリといただく冷汁(ひやじる)などの季節の限定メニューも用意しております。

大滝のおやつ こじゅうはん

  秩父で人気のおやつシリーズ「こじゅうはん」を、よってっ亭「小昼」にて販売中。店外販売となっておりますので手軽にテイクアウトで、お土産にもどうぞ。(不定期営業)

各種おみやげ

 売店では、農産物や各種お土産を取り揃えており、ポストカード「奥秩父の四季」は人気商品。自然あふれる奥秩父を文書に綴って親しい方へ。

電話
0494-55-0086(直通)
営業時間
●食堂 11時〜16時
●売店   9時〜16時
定休日
●毎週 木曜日(祝日の場合は営業いたします)
●年末
※年始・GW・夏期 (7月20日〜8月31日)・紅葉シーズン (10月25日〜11月20日) は休まず営業いたします。

団体予約のお客様へ

1団体での予約は40名様までとなります。

※繁盛期は多くのお客様にご利用していただけるよう、団体予約は受け付けておりません。

郷路館の人気メニュー

●手打ちそば
●しゃくし菜
秩父特産の「しゃくし菜」を油で炒めた郷土料理です。
●中津川いも
大滝の特産品で傾斜地の砂利畑で栽培される「中津川いも」を味噌と油で絡めた「あぶらっころがし」が堪能できます。
●みそポテト
秩父の名物みそポテトに大滝のみそ「おなめ」を使った一品。

丸太造りのお食事処

趣のある外観と、内観

壁材などを使わない一般的な「ログハウス風な建物」と「丸太作りの家」の大きな違いは、前者に使われる木材はあくまでも材木を「丸く成型した木材」が使われているということです。つまり見た目が「丸か四角か」ということです。しかし「丸太作り」の丸太は「皮を剥いた原木」を使用しているという点です。「皮を剥いた原木」を施工するということは木の特徴ー太さ、反り、長さ、重さ等の不均一を見極めなければ建て上げることは不可能です。
また通常ですと柱や梁は壁材などに隠れてしまい、その存在が視認しにくいのが従来の建築物ですが、木の姿が一目瞭然というのも大きな特徴で、高い天井や広い奥行きをダイナミックに見せてくれます。趣のある外観と、内観となっております。
詳細は「山中工務店」HPの丸太づくりのページをご覧ください。

外観・内観

間伐材の有効利用

ここ、「郷路館」使用されている木材は「間伐材」の有効利用の例として広く知られています。
木材の国内需要が下降する中で伐採が行き届かない山林〜森林では水源涵養力、土壌保全能力の低下が大きな問題となっています。そこで間伐が行われるわけです。間伐材の有効利用となるとなかなか進みません。丸太作りはその間伐材を有効利用しています。しかし伐採され切り出された現地から施工現場までの輸送に関してはまだまだコスト面等課題が残るのも事実です。
間伐材に関しては、全国森林組合連合会の「豊かな森を育てるために」(間伐材ホームページ)をご覧になってみてください。

イメージ

このページの先頭へ